HOME サービス紹介 アマプロバンク 会社概要 主要取引先 メールマガジン リンク


メルマガ登録(無料)
メールアドレス

連載コラム

登録者ブログ

「petit smile」−kurashi(く・ら・し)のソムリエによるコラム

【山本初美プロフィール】

フリーの編集&ライター、仕事や生活を通し、実践したり学んだ"暮らしにいいこと"を 発信・アドバイスできる人=kurashi(く・ら・し)のソムリエ(造語)を目指し、活動中。

  
投稿者 : admin 投稿日時: 2017-06-07 09:49:45 (12 ヒット)

ここ数年、年に1度は訪れている、横浜中華街。しかし、いつも仕事で、プライベートでは十年近く行ってなかったこともあり、先日、息子を連れて中華街へ!

息子にとっては初中華街。路上で甘栗をすすめてくる人に戸惑いながら、向かったのは萬珍楼。中華街には食べ放題の店が多いものの、息子とではもとがとれない!と思い、以前から気になっていた老舗店へ行くことに。しかし、コース料理は2名から。これも、もとがとれないだろうと思い断念。で、偶然目にしたのが「梅蘭」でした。

取材はしたことがなかったものの、梅蘭焼きそばは超有名だったので、ココに決定。ランチタイムだったので、蘭焼きそばに、フカヒレ姿煮入りスープ、前菜、マンゴープリンが付いている金閣セットをオーダーしました。前菜は辛い料理もなく、息子もパクパク。フカヒレの姿煮がゴロッと入ったスープに私は大満足。

そして、いよいよ梅蘭焼きそばが登場。セットは小サイズだったのですが、お皿のサイズは20cmほどあり、かなりボリューミー。蘭焼きそばは、あんかけ焼きそばをカリカリに焼いた麺で包んでいるのですが、このパリパリとあんが絶妙なのです。カリカリの麺は冷めてもおいしく、あんかけ麺もソースべースでありながら、しつこくない味なので、ついつい箸がすすんでしまいます。息子も想像以上にがっついてました(苦笑)。

人気の料理といっても、なかなか人に薦めるのは躊躇するものですが、梅蘭焼きそばは一度食べてみる価値大です!


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-04-26 19:08:49 (64 ヒット)

お気に入りの回転寿司店ってありますか? 我が家の近くには、特急がお皿を運んでくれる海鮮三崎港、牛丼でお馴染みの松屋が手掛けるすし松、常に行列をなしている回し寿司 活など、回転寿司の激戦区⁉と思うほど、さまざまなお店が集結しています。

そのなかで、リピートしているのは「はま寿司」です。平日ならひと皿90円とコストパフォーマンス抜群なのはもちろん、便利なのが会員サイト"はまナビ" https://my.hamazushi.com/。ここに会員登録さえしておけば、WEBから予約ができ、ボックス席やカウンター席も選べ、時間も指定できるんです。先日、日曜の昼間に「はま寿司」に行くと、やはりお店の前は大行列。しかし、WEBで予約をしていたので、3分も待たずにすぐに着席することができたのでした。さらに、この"はまナビ"に登録しておくと、クーポンが配信されてきて、あおさみそ汁100円が無料で楽しめたりも!

メニューはとくに他店よりも充実しているわけでもないのですが、息子のお気に入りは、デザート。といってもケーキではなく、お目当ては、こしあん入り三色だんご(苦笑)。団子があるのは、少し珍しいようです。

これからはじまるGW。行く当てがなかったら"はま寿司"へ行ってみては。ただし、"はまナビ"の会員登録&WEB予約はお忘れなく!


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-04-04 12:42:26 (19 ヒット)

息子の小学校準備を進めている今日この頃。仕事と同様で、時間がない中で作業をしていると、どうしてもミスが起こってしまいます。ちなみに、今、発生しているのは、購入したアイテム間違い……。

仕事での失敗は許されないけれど、間違ったものを買ってしまっても、今や返品、交換ができる嬉しいご時世。で、感じたのが、返品や交換もさまざまだということです。

まずはユニクロ。息子のトレーナーを購入したものの、サイズが大きすぎたため、サイズ交換をすることに。しかし、ショップの袋には入れてないし、タグはとれた状態、おまけに購入した店舗ではないショップへもっていったものの、理由も問われることなく、すぐに交換OK。しかも、店員さんは嫌な顔一つせず、まさに神対応!

続いてH&Mのオンラインストア。欲しかったパンツがどうしてもサイズが微妙だったことから、返品覚悟でサイズ違いを購入。さらに、誤って同じTシャツを3枚も購入してしまったため、結果3アイテムを返品することに。クロネコヤマトから着払いで返品できるので送料無料なのはありがたいものの、1点400円ほど手数料がかかるため、結局1200円の赤字になってしまいました。

入学時に欠かせない体操服袋やランチマット入れなどを購入したのは、青山に店舗を構えながら通販サイトも展開する、とあるショップ。こちらのオンラインストアは、Amazonや楽天などと連携していたのですが、ついショップ独自の支払い方法を使ってしまったのが大失敗……。ランチマットのサイズを間違えて購入してしまったのですが、このサイトの支払いでは返品不可。Amazonなら返品できたかもしれない(涙)。

最後に、学校指定のものを買った街の文房具店。防災頭巾カバーを購入したものの、他のお店で手作り風のものをみて、どうしてもそちらに変更したくなり、封はあけてないので、思い切って返品をもちかけてみると……。店主は露骨に嫌悪感をみせながら、渋々承知。購入時と態度が180度違ってました(当たり前か)。

こうしてみると、返品・交換は、多種多様 。通販サイトはもちろん、ショップで購入するときも、返品・交換の方法をチェックしておくのをお忘れなく!


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-03-03 18:50:56 (16 ヒット)

忙しいとついつい冷凍食品に頼りがち。しかも、息子は冷凍食品のほうがよく食べたりするので、我が家にとって、なくてはならい存在です。

そんな中、新たに注目する冷凍食品を発見しました。それは、味の素冷凍食品から新発売された「おにぎり丸」https://www.ffa.ajinomoto.com/onigirimaru
これは、おにぎりの具を冷凍したもので、あったかいごはんの上にこの冷凍の具をのせてにぎると、30分くらいすればほどよくとけて、おいしいい具になるというものです。

しかも驚くのは、この具が、カレーや麻婆豆腐、餃子など、普通では絶対におにぎりの具にしないものばかり。カレーなんて、絶対に汁気がでてきそう…と思いきや、冷凍がとけてもご飯にほどよくなじむ程度で、たれてこないし、もしも汁気がたれてきたとしても、おにぎりをラップごと握っているので問題ないというわけです。

食べてみると、これがおいしい! カレーなんて、まさにカレーライスそのものだし、角煮も味がしみ込んでいて、ご飯にマッチ。さらに、それぞれの具には、何かしらの野菜も入っているので、栄養的にも優れているというわけです。

子供のお弁当や、今日はおかずを作りたくないって日にもぴったりな「おにぎり丸」。冷凍庫にストックしておけば役に立つこと必須です!


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-02-08 17:27:47 (47 ヒット)

 近所に銭湯が多いことから、月に2〜3度は通っている日々。
また、息子6歳と一緒にお風呂に入れるのも、そう長くはないと思うと、
つい「銭湯、行こうか〜」ということに。

息子は、自分専用の小さなバスケットにシャンプー、ボディシャンプーを入れて持ち、
すっかり銭湯ツウに。そんな中、私がいつもしっくりきてなかったのが、銭湯で使うタオル。

通常のタオルだと分厚すぎるので、いつも温泉宿でもらった
バサバサのタオルを持参していたのですが、なんせ肌ざわりが悪い!

 しかし、ついに、銭湯にぴったりの、心地よいタオルを手に入れました。
きっかけは、ある日のラジオ番組。とある銭湯に行くと先着100名様にタオルがもらえるというのです。
しかも、その銭湯が家から自転車で5分の距離。これは行くしかないと思い、
息子と猛ダッシュで向かい、タオルをゲットしました。

じつはこのタオル、「おぼろガーゼタオル」http://www.oboro-towel.co.jp/といって、
三重県の老舗工場が作っているものだったのです。
片面がタオルで、もう片面がガーゼになっていて、薄手で絞りやすく、身体を洗うにも、ふくにもぴったり。
それに、なんといってもガーゼ面の肌ざわりは抜群です。調べてみると、このタオルは一般的なものよりも、
細い番手の糸を使っているからだとか。また、自社内の工場で一貫生産しているのも特徴だそう。
さらに、こちらのホームページを見ると、作家の林 真理子さんも愛用しているというではないですか!

 何度洗濯しても、バサバサにはならず、やわらかな「おぼろガーゼタオル」。
ますます、銭湯に行くのが楽しみになりそうです♪


(1) 2 3 4 ... 17 »


HOME サービス紹介 アマプロバンク 会社概要 主要取引先 メールマガジン リンク プライバシーポリシー サイトマップ

アマプロ