HOME サービス紹介 アマプロバンク 会社概要 主要取引先 メールマガジン リンク


メルマガ登録(無料)
メールアドレス

連載コラム

登録者ブログ

「petit smile」−kurashi(く・ら・し)のソムリエによるコラム

【山本初美プロフィール】

フリーの編集&ライター、仕事や生活を通し、実践したり学んだ"暮らしにいいこと"を 発信・アドバイスできる人=kurashi(く・ら・し)のソムリエ(造語)を目指し、活動中。

  
投稿者 : admin 投稿日時: 2016-09-13 09:43:27 (89 ヒット)

和田明日香さんって、ご存知ですか?
私自身、今春に取材をさせていただくまでは、存知あげなかったのが正直なところ。でも、取材をしたら一気にファンになり、
今イチバン注目している方かもしれません。
和田さんは、料理愛好家の平野レミさんを姑にもち、食育インストラクターとして活動したり、綺麗な容姿から、雑誌の表紙
を飾ったりしています。最近はテレビで見かけることも! 今や、レシピ本も出版されている和田さんですが、結婚するまで
全く料理はできず、レタスとキャベツの違いさえ知らなかったそうです。でも、当時は専業主婦(おめでた婚!)で、毎日食
事を作らなければいけなかったことから、平野さんのレシピ本を片っ端から作っていったそう。すると、いつのまにやら料理
の感覚を覚え、はたまた食育インストラクターの資格までとったというのです。素晴らしい!
和田さんは現在3人のお子さんを子育て中。しかし、あくせく子育てしいるとは思えないほど、キレイ。さらに、平野さん並?!
に大らかな雰囲気でした。私が和田さんに注目しているのは、憧れもあるものの、何より和田さんが考えるレシピは、とても
簡単でおいしいのです。平野レミさんのレシピもきちんと作るとおいしくできるのですが、少々材料がたくさん必要だったり
少し手が込んでいたりと、日々料理を作るのがめんどくさいと思う私にとっては、なかなかチャレンジしがたいところ。
その点、和田さんのレシピは、材料も少なく簡単で「作ってみようかな〜」と思わせるものが多いのです。
ちなみに、取材時に聞いたのはじゃこレシピ。じゃこにみりんとしょう油を加えて、レンジでチンをしてパリパリにすれば
できあがり。これをサラダに加えるとドレッシング代わりになるので、今や我が家の定番に。和田さんのレシピは平野レミさ
んのサイトhttps://remy.jp/でチェックできます。クックパッドにちょっと飽きた方、ぜひこちらのサイトも参考にしては!


投稿者 : admin 投稿日時: 2016-08-05 10:33:54 (52 ヒット)

 「急いで」「早くして」という言葉を何度も口にする日々。仕事、子育て、家事…と時間に追われながらも、雑誌で目に
する時短調理やグッズにはさほど興味を持っていませんでした。
先日、取材させていただいた「サカママ1Day 野外ファミリーキャンプ」。サッカーをしているお子さんを持つママ(サカママ)
とキッズが一緒になり、アウトドア体験とサッカーが楽しめるというイベントでした。そこで登場していたのが、
サーモスのシャトルシェフhttp://www.thermos.jp/product/list/shuttlechef.htmlです。
サーモスのシャトルシェフとは真空保温調理器。要は、短時間だけ火にかけておけば、あとは余熱で火を通して保温調理
ができるというものです。実際にキャンプではカレーを作ったのですが、野菜と肉を切って鍋に入れて火にかけ、沸騰して
アクをとったら火からおろして保温。食べる前にルーを入れて、少し保温させて出来上がり。見た目はいつもと変わらない
ものの、野菜の柔らかさが断然違う! じゃがいもはほっこり、肉はトロトロ。短時間でこんな仕上がりになるなんて驚き
です。
保温だけかと思いきや、氷を入れて冷やすこともできるという優れもの。聞くと25年ほど前からある保温調理器具の元祖
だそうです。時短で調理ができて、レシピの幅も広がり、且つガス(電気)代のコストダウンにもつながる。時短調理器に
あっぱれ!


投稿者 : admin 投稿日時: 2016-07-11 13:25:26 (68 ヒット)

 日々のごはん。どうしてもワンパターンになりがちって人、いませんか?
かくいう私がそうなんです。そんなママたちの救世主となりうるアイテムを、伊豆で発見しました!

先日、伊東に行った帰りのことです。駅前の店で試食をしていたので、気になって立ち寄ってみると、金目鯛の煮つけの
試食をしていました。てっきり金目鯛を売りたいがためだと思ったら、メインは「秘伝の煮汁」というタレ。一口いただく
と、甘く煮つけた魚は絶品。店主に聞くと、この煮汁と水のみで仕上げたというではありませんか!息子が試食をリピート
したがるのを必死で抑え、756円と少々お高めだったのですが、旅の勢いもあって即購入しました。

 早速スーパーで特売をしていた金目鯛を購入し、この煮汁と水を1対1の割合で煮込んでみると……やっぱり旨い!
このタレ以外は何も使ってないのに、和食料理店で食べるプロのような味に仕上がるのです。普段の煮魚にはあまり興味を
示さない息子も、この日の煮魚は「おいしい」を連呼し、いつも以上に食べていました。

この煮汁は魚料理だけでなく、親子丼や角煮など、いろいろな煮物料理で使えるので、1本あればとにかく便利。簡単に
料理の幅が広がり、しかもプロさながらの美味な一品料理ができるというわけです。

これから夏にかけて伊豆方面に行く方、ぜひ、おみやげにおすすめです。
伊豆に行く予定がない方は、ウェブサイトhttp://1930.jp/でチェックを!


投稿者 : admin 投稿日時: 2016-05-30 11:44:15 (63 ヒット)

 保育園生活も残すところ1年。振り返るとあっというまです。年中のときは、何かとおざなりだった気がして、
今年は何かしてあげたいなぁと思っていたときに知ったのが、フォトアプリ「baby365」http://www.baby365.jp/
です。

アプリの名の通り、これは赤ちゃんフォトの記録アプリで、1歳になるまでの貴重な1年が手軽に残せるというもの。
写真にはコメントをつけることができるので、日記のようになり、さらに101日分以上たまったらフォトブックにもできる
のです。

 本来は赤ちゃんの記録のためのアプリですが、これを使えば、年長さんの1年を簡単に残せる!と思い、即ダウン
ロード。当初は、iPhoneのみだったものの、4月からはアンドロイド版もありました。操作も簡単で、カレンダーの日付
を押すと、その日に撮った写真がアップされるので、その写真でOKなら決定し、今日のひとことを144文字以内で
書けばいいだけです。もちろん、違う写真に替えたければ編集も可能です。

 そして、このアプリのすごいところが、フォトブックに製本したときのクオリティの高さ!ハードカバーの本のように
仕上がり、1日分が1ページという贅沢なつくりに。しかも、このフォトブックは、某大手印刷会社が手掛けるとあり、
写真の美しさも抜群です。もちろん製本にしなくても、アプリの中でフォトブックになるので、子どもの成長をしっかり
記録できるのです。

このアプリを使い始めてから、約2ヵ月。とにかく簡単なことから、マメでない私でも続いているので、子どもの1年を
残しておきたいと思う人にはオススメです。また、1日1枚ではあるものの成長記録がまとめられるので、子どもの写
真を撮ってもなかなか整理する時間がないという人にもきっと役立つはずです。


投稿者 : admin 投稿日時: 2016-05-09 12:59:33 (75 ヒット)

レミパン。
主婦の方ならご存じの方も多いですよね。レミパンは料理愛好家の平野レミさんが考案した深型フライパン。
炒める、煮る、蒸す、揚げる、炊く、を1台でこなす優れた調理アイテムです。なんと、これまでに累計250万個
も売れたそう。
かねてから興味がありながら購入するには至らなかったものの、先日発売された「レミパンプラス」がどうしても欲しくなり、
ぽちっと購入してしまいました。

というのもレミパンプラスは、従来のレミパンにさらに便利さをプラスした次世代フライパンだとか。
このフライパンの世界初の機能が、くっつくハンドルなのです。つまり、ハンドル部分がマグネットになっている
ので、鉄製のお玉やヘラなどのキッチンツールが、この部分に固定することができるというわけ。なんとも便利!
 また、レミパン史上最高の耐久性を誇るとも。

こんな高価なフライパンを買ったのは、人生初。こうなれば、とことん平野さんに頼ろうと、キッチンツールと万能
だしパックもゲット。そして、レミパンプラスで最初に作るメニューも平野さんのレシピ「春野菜パスタ」に決め
ました。じつはこのレシピ、某テレビでマツコデラックスが絶賛していたので、どうしても作ってみたくなったので
す。春野菜をキャベツに代えて作ったその味は、大成功! 少食の息子もおかわりしたほど。

キッチンツールは壊れたりしない限り、なかなか替え時がむずかしいものですが、ときには思い切って新調してみるの
もおすすめです。料理のやる気も、レシピの幅もほんの少しアップするはずですから。


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 17 »


HOME サービス紹介 アマプロバンク 会社概要 主要取引先 メールマガジン リンク プライバシーポリシー サイトマップ

アマプロ