HOME サービス紹介 アマプロバンク 会社概要 主要取引先 メールマガジン リンク


メルマガ登録(無料)
メールアドレス

連載コラム

登録者ブログ

「petit smile」−kurashi(く・ら・し)のソムリエによるコラム

petit smile
petit smile : 第80回 ユニクロ、H&M、街の文具店……返品&交換の違い
投稿者 : admin 投稿日時: 2017-04-04 12:42:26 (34 ヒット)

息子の小学校準備を進めている今日この頃。仕事と同様で、時間がない中で作業をしていると、どうしてもミスが起こってしまいます。ちなみに、今、発生しているのは、購入したアイテム間違い……。

仕事での失敗は許されないけれど、間違ったものを買ってしまっても、今や返品、交換ができる嬉しいご時世。で、感じたのが、返品や交換もさまざまだということです。

まずはユニクロ。息子のトレーナーを購入したものの、サイズが大きすぎたため、サイズ交換をすることに。しかし、ショップの袋には入れてないし、タグはとれた状態、おまけに購入した店舗ではないショップへもっていったものの、理由も問われることなく、すぐに交換OK。しかも、店員さんは嫌な顔一つせず、まさに神対応!

続いてH&Mのオンラインストア。欲しかったパンツがどうしてもサイズが微妙だったことから、返品覚悟でサイズ違いを購入。さらに、誤って同じTシャツを3枚も購入してしまったため、結果3アイテムを返品することに。クロネコヤマトから着払いで返品できるので送料無料なのはありがたいものの、1点400円ほど手数料がかかるため、結局1200円の赤字になってしまいました。

入学時に欠かせない体操服袋やランチマット入れなどを購入したのは、青山に店舗を構えながら通販サイトも展開する、とあるショップ。こちらのオンラインストアは、Amazonや楽天などと連携していたのですが、ついショップ独自の支払い方法を使ってしまったのが大失敗……。ランチマットのサイズを間違えて購入してしまったのですが、このサイトの支払いでは返品不可。Amazonなら返品できたかもしれない(涙)。

最後に、学校指定のものを買った街の文房具店。防災頭巾カバーを購入したものの、他のお店で手作り風のものをみて、どうしてもそちらに変更したくなり、封はあけてないので、思い切って返品をもちかけてみると……。店主は露骨に嫌悪感をみせながら、渋々承知。購入時と態度が180度違ってました(当たり前か)。

こうしてみると、返品・交換は、多種多様 。通販サイトはもちろん、ショップで購入するときも、返品・交換の方法をチェックしておくのをお忘れなく!



投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。


HOME サービス紹介 アマプロバンク 会社概要 主要取引先 メールマガジン リンク プライバシーポリシー サイトマップ

アマプロ