HOME サービス紹介 アマプロバンク 会社概要 主要取引先 メールマガジン リンク


メルマガ登録(無料)
メールアドレス

連載コラム

登録者ブログ

【柳沢久美子(やなぎさわくみこ)プロフィール】

不動産広告のコピーライター、販売促進ツールのライター、美容医療の広報PRを経て、現在フリーライターとして活動中。童話や作詞など制作しては公募にチャレンジする日々。

  
投稿者 : admin 投稿日時: 2017-07-07 15:28:05 (15 ヒット)

ミーハーな私は、ギャングの不登校を逆手にとり、駒場にある東大へ足を踏み入れてきました。

その日は2017 東大駒場リサーチキャンパス公開も実施されており、たくさんの人が訪れていました。

ギャングは、異才発掘プロジェクトROCKET主催の「Activity Based Learning体験プログラム」へ。私は「学習に悩みを抱えた保護者のための相談会」に、それぞれ参加。

相談会には、主に学習障害を抱えたお子さんのいる方が参加されていました。

「書字障害のある子どもに、無理に書かせるのはやめましょう。書くのが苦手なら、iPhoneやiPadを使って撮影した写真の上に文字を打ち込んだり、線を引いたりすることができるアプリ『タッチ&リード』を使えばいいんです。

まずは自宅でそれを取り入れて、慣れてきたら子どもが抱えている問題、それに対する合理的配慮を学校に求める。いまは文部科学省からも後押しがあるので導入してもらいやすいはずです。

また、読書感想文など話をまとめることが苦手な子におすすめなのはアイディアマッピング。真ん中に作文のテーマを書いて、まずは思いつくアイディアをまわりにどんどん書いていく。この構成メモを見ながらまとめていくというもの。『Simple mind+』、Windowsなら『Freemind』、『XMind』といったアプリがあります」

参加したひとりひとりの相談内容も、このアイディアマッピングを使い整理しながら進められました。

「と、中学生?が考えたアプリ『簡単に読書感想文』を使うと、穴埋め式で簡単に感想文を書くことができる、こんなのもあるんです」

基本的に、WindowsよりもiPhoneやiPadの方が操作が単純で簡単なのでおすすめとのこと。

身近にあるテクノロジーを味方につけ、楽しく学ぶことができる方法がある―――
ただ、まずは子どもがサポートの選択肢があることを知り、自己決定しなくてはいけない、とのことでした。

そして、ギャングが参加した体験プログラムは、不登校の小学5年生から中学生が対象。よって、開催日は平日金曜の午前中。場所は、東京大学先端科学技術研究センター1号館 ROCKETキッチンで行われました。

その名も『料理を教科書にしよう―肉は肉か!?トマトはトマトか!?』ローストビーフサンドをつくりながら、料理の疑問を解明していく、というもの。

ギャングに聞いたところによると、材料の値段を予想し、自分の設定した金額のローストビーフサンドをつくる、というのが大筋の流れ。

超高級ローストビーフは1枚なんと345円くらいと!!!サンドするクロワッサンも290円ほどと(ギャング、値段、うる覚え)なんともリッチ。

ローストビーフサンドを708円に設定したギャングは、トータルの設定金額からビーフとクロワッサンの値段を引き、残りの予算でレタスなどをプラスすることになったとか。

レタスを1枚20円!!!と予想したため、トマトなどは予算オーバーになるから入れることができなかったというのです。(決して我が家が購入するレタスが高級なわけではなく、
ローストビーフの値段を聞いて、レタスもそれくらいするのではないか、と考えたようです 苦笑)

その後、お持ち帰りできたそのサンドを、東大キャンパスのベンチでいただきました。これがまた美味!香ばしくサクサクとした食感のクロワッサンに柔らかい超高級ローストビーフ・・・・絶品です。

そこでプロジェクトに参加しに大阪から来たという親子に話しかけられ、仲良くなり、いろいろとお話しながら渋谷までご一緒しました。

不登校仲間にはじめて出会い、なんだか心強く、不登校だからこその世界を見始めることができた日となりました。

新しい1歩を踏み出した私たち。でもまだ道は定まっていないし、ゴールも見えておらず。
ただ、視野を広げて前に進んでいることだけは確かです。

今回が最後となりますが、お読みいただきありがとうございました。
またどこかで、ギャングな育苦児記をご紹介できればと思っています!
ありがとうございました!


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-06-07 09:54:14 (12 ヒット)

先日、日本財団と東京大学先端科学技術研究センターが2014年に立ち上げた「異才発掘プロジェクト」の説明会に参加しました。

お話してくださったのは、東京大学先端科学技術研究センター人間支援工学分野 教授 中邑賢龍さん。

「せっかく学校に行っていないのだから、学校と同じ勉強をさせるのはもったいない」
「がんばらずに好きなことを好きなだけやる。制限時間を設けない」

目からウロコの言葉が飛び出します。

8割型の子どもたちが、学校に普通にいくことができる。残り2割の子が学校という枠にハマって学ぶことができずにはみ出している。そのことを嘆くよりも、自分の子どものユニークさを受け入れて、不登校だからできる学びを、と。

「わがままな子ではなく、生意気な子がいい」
あれがやりたい、これがやりたいとただいうのではなく、やりたいことをするために知恵を絞る、行動する。それに対するサポートをする、と。
 
『自由と責任は表裏一体だ。自由に生きていけばいい、けれどその生き様に責任をとって生意気になれ!それがROCKETのモットーだ』(リーフレットP21より抜粋)

「褒めるのではなく、挑発する。ユニークな子どもを褒めて育てるとモンスターになる」
この言葉にギクリとしました。

『〜いま気づくことが君のためになる。そう信じて彼らの背中を押す。がんばれ!ユニークな生き方をするなら突き抜けろ!』(リーフレットP14より抜粋)


自由とわがままの違い。枠からはみ出すことに対する覚悟と責任。いよいよ私も覚悟を決めて、行動に移すときが来たのかもしれません。

学校に行かず、ゲームとユーチューブ、週末サッカー、時々家事・手伝いのライフサイクルになりつつあるギャング。現状をお話したら、中邑教授が一度、お子さんを連れて相談に来てください、と言ってくださいました。

来月開催される「駒場リサーチキャンパス公開2017」にも申し込みました。

そう、まさに『ROCKETの子どもたちに与えられるのは文字からではなく活動からの学び。』(リーフレットP18より抜粋)なのでしょう。

フリースクールともブリッジスクールとも違う新しい学びの場、そして、新しい学び方を求めて。


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-04-26 19:10:19 (67 ヒット)

みなさんはもうすでに電子書籍を利用していますか?
私はまだです。基本アナログ人間なので、本屋や図書館をふらついて
本や雑誌を手にすることに幸せを感じます。

カフェ、病院、美容院など、そこに置かれている雑誌や本は、
利用する人のターゲット層や、オーナー&スタッフの好みなどを物語っていて
なんだか面白いです。

そんなアナログな私の心をつかんだカフェ「かもめブックス」は、
書籍専門の校閲会社が運営するコーヒーショップ&ギャラリー併設の本屋さん。
神楽坂駅からすぐで利便性も抜群。夜遅くまでやっているのも素晴らしい。
http://kamomebooks.jp/

ネットや電子書籍の普及で本が売れなくなるなどメディアでいくら騒いでも、
やっぱり本が好き。紙がいい。そういう人はいなくならない。
そう思うと、とっても嬉しくなるのです。

音楽業界でも、レコードやカセットなどの人気が再燃したり。
今、インスタントカメラ「写ルンです」がカメラ女子の間で人気だとか。

どんなに技術が進歩して新しいものが普及しても、いや、新しいものが出るからこそ、
これまであったもののよさや価値に、改めて気づくことができるのかもしれません。

そんな私に反して、我が家のギャングは漫画「進撃の巨人」を
ユーチューブで読むことにハマっています。

幼き日に図書館に連れて行っても絵本ではなく、DVDコーナーに行ってしまったギャング。今も全くもって本好きには育っておりません。幼少期に絵本の読み聞かせをすると本好きになる、親が本を読んでいる姿を見て、子どもも自然と本を読むようになるというのは、我が家のギャングには当てはまりません。

良くも悪くもわが道をいくこと親子を、これからもよろしくお願いします。


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-04-04 12:47:08 (46 ヒット)

ギャングが待ちに待っていた春休みに、ようやくなりました。
学校にほぼ行っていない日々が続いていたのに、春休みを待ちわびる心境。
それは、平日昼間も堂々と出歩くことができるからに他なりません。

毎日学校に通うという普通枠?からはみ出したギャングの日々は、
時間とともに、改めて私自身の考えや価値観を見直す運びとなりました。

学校は行くことができない。でもサッカーの試合や練習には行く。
その状況に対して批判的な声も少なからずあり、
正直、息苦しさを感じることも。

大多数の子どもが毎日学校に通っている中で、
当たり前が当たり前じゃなくなったとき。

これまでの生き方や考え方では前に進めなくなったとき。
居場所を求める子どもたちがいます。

居場所となる代表的なところに「フリースクール」があります。
東京都内では、公立の学校と連携しているフリースクールもあるそうです。

ただ、ネット検索、クチコミ情報程度ですが、
圧倒的に数が少なく、少なからず経済的負担もかかります。

これだけ多様性が叫ばれる時代。
もっと多様な受け入れ先を設けることで救われる親子、
素晴らしく成長する子どもが増えるのではないかと、身を持って感じています。

不登校脱却への道だけでなく、他の居場所も見つけ、学びや生き方の多様性を
ギャングに示すことができたらと、色々と調べているところです。

以下、多様な学びのチャンスを得られる場の紹介です。

◆異才発掘プロジェクト ROCKET
http://www.nippon-foundation.or.jp/what/projects/rocket/
◆こたえのない学校
http://kotaenonai.org/
◆LITALICOジュニア-幼児教室・学習塾・児童発達支援・放課後等デイサービス
https://junior.litalico.jp/personality/
◆探求学舎
http://tanqgakusha.jp/?utm_source=google&utm_campaign=next_year_recruiting&
◆小学生の不登校はフリースクール・埼玉県の松実高等学園↓
http://www.matsumi-gakuen.net/ehs/index.html
◆東京シューレ
http://www.shure.or.jp/npo.html


これから説明会などに参加する予定もあり、
今後のコラムにて情報発信していけたらと思います。


投稿者 : admin 投稿日時: 2017-03-03 18:54:49 (33 ヒット)

経済産業省による「月末の金曜日はちょっと早めに仕事を切り上げ豊かな時間を過ごす」という新しい施策『プレミアムフライデー』が2月24日にスタートしました。

月末金曜。プレミアムと感じるモノやコトを楽しみ、幸せな時間を過ごす新しいライフスタイルの変革。買い物、食事、2.5日旅など企業や地域と連携し、給料日後の消費喚起―――。
◆参考:プレミアムフライデー公式サイトhttps://premium-friday.go.jp/

その昔、金曜は『花金(はなきん)』と言われていましたよね。
“花金とは「花の金曜日」の略で、金曜日の晩に遊んで(飲み歩いて)楽しむことを意味する。これは週休二日制の導入により、土曜休日の企業が増えたことで、休日前の金曜の晩は遊びまわる風潮が出来たことから生まれた言葉である。ただし、バブル時代が終わるとともにサラリーマンにこうしたゆとりがなくなり、花金も死語となっていく。”
◆引用:日本語俗語辞書http://zokugo-dict.com/26ha/hanakin.htm

時は過ぎ、いまふたたびお笑い界では「平野ノラ」や「ブルゾンちえみ」などバブルメイクやバブルネタが注目を浴びています。そこにきてこの『プレミアムフライデー』。おしゃれに時代は進化!? 欧米化!? ◆参考:モデルプレス https://mdpr.jp/news/detail/1665536

不登校児を抱えたフリーライターの私にとって、いまひとつピンとこない『プレミアムフライデー』。そう感じているのは私だけではありませんでした!私の心を掴んだのはコレ↓

“「反対語は金曜労働ショー」「導入率がSSRガチャ」 ネット上で悲しみの「プレミアムフライデー」大喜利が繰り広げられる”
引用:ねとらぼ http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1702/24/news123.html

「金曜労働ショー」これはうまい!座布団10枚!と、ひとり、興奮。飲食店によっては仕込みの時間や休憩時間がなくなるなど、冗談じゃないぜ!と、叫んでいるお店もあるかもしれませんね。

いや、決して『プレミアムフライデー』を否定しているわけではありません。公式サイトによると、イメージキャラが関ジャニ∞、事務局は博報堂。ニコちゃんマーク(スマイリーフェイス)をアレンジしたようなロゴ。ロゴは申請が通れば無償で使用できるとか。写真にスタンプできるスマホコンテンツ(https://premium-friday-camera.com/pc.html)もあり、私のミーハー心をくすぐります。
ちなみに我が家では、ギャングな息子が「キックボクシング」を始めたため、これから金曜は『プレミアム キック フライデー』となりそうです。

次回、3月は31日が『プレミアムフライデー』。
公式サイトを随時チェックすれば、企業のキャンペーンなどお得な情報を入手できそうですよ(https://premium-friday.go.jp/)。

それでは、それぞれが楽しく充実した日になりますように!


(1) 2 3 4 ... 10 »


HOME サービス紹介 アマプロバンク 会社概要 主要取引先 メールマガジン リンク プライバシーポリシー サイトマップ

アマプロ